第3回企画展バナー
館外展バナー
画像3
NAJニュース28バナー
画像4

ご来館にあたってのお願い

お知らせ

Twitterはこちら facebookはこちら youtubeはこちら

更新情報



 

展示会のご案内

 令和3年度国立公文書館 展示計画


東京本館展示室の案内



東京本館展示室のリンク


開催中の展示会

国立公文書館開館50周年・公文書管理法施行10周年記念 連続企画展(3)「近現代の文書管理の歴史−記録を守る、未来に活かす。−」

「近現代の文書管理の歴史−記録を守る、未来に活かす。−」チラシ

【概要】
 令和3年(2021)は国立公文書館開館50周年、公文書管理法施行10周年という節目の年です。これを記念して、令和3年度第3回企画展では、古代から近世を対象にした第1回企画展に続き、近現代の文書管理の歴史について、ご紹介します。
 明治維新後、新政府は文書の整理、保存に着手しました。法律等の公布や公文書の管理に関する制度が整備され、明治40年(1907)には詔書や勅書の書式や様式を定めた公式令(こうしきれい)が制定されます。 その後、災害や戦災に見舞われながらも、公文書の管理は続けられました。昭和30年代以降、公文書の保存、公開について関心が高まり、昭和62年(1987)に公文書館法、平成11年(1999)に国立公文書館法、平成21年には公文書管理法が公布され、現在に至ります。本展では、内閣の文書管理制度の変遷を中心に、当館所蔵資料から描きます。



詳細はこちら



三豊市文書館開館10周年記念 国立公文書館所蔵資料展 近代日本のあゆみと三豊

近代日本のあゆみと三豊チラシ


【概要】
 国立公文書館は国の機関等から移管を受けた歴史資料として重要な公文書等を保存し、閲覧や展示、デジタルアーカイブなどを通じて利用に供しています。このたび、三豊市文書館の開館10周年を記念して、共催展示「近代日本のあゆみと三豊」を開催いたします。 本展では、「日本国憲法」をはじめ、国立公文書館が所蔵する歴史的に重要な公文書に加え、三豊郡の設置に関する法律や大正大礼に関する「大礼記録」など、香川県や三豊市に関係の深い資料、三豊市文書館所蔵の三豊市の歴史に関する資料を展示し、近代日本と三豊のあゆみをたどります。



詳細はこちら

デジタル展示

江戸の花