展示会情報

 「平成30年度国立公文書館 展示計画」

開催予定の展示会

平成30年度 第2回企画展 「平家物語―妖しくも美しき―」

平成30年度 第2回企画展 「平家物語―妖しくも美しき―」
イベント情報

【展示会】 【関連イベント】ギャラリー・トーク
【関連イベント】琵琶語り「平家物語」

概要

 『平家物語』は、治承(じしょう)・寿永(じゅえい)の内乱を背景に、平家一門の栄華から滅亡までを描いた軍記物語です。
 本展では、当館が所蔵する貴重な写本・版本をもとに、『平家物語』に登場する天狗・怨霊・物怪(もののけ)などに注目し、武士たちの物語の背後にある妖しくも美しい世界をご紹介します。

主な展示資料

平家物語

『平家物語』
 画像は『平家物語』の冒頭部分、巻一「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)」。  本書は金泥(きんでい)・銀泥(ぎんでい)の下絵が施された美麗な豪華本で、紅葉山文庫に所蔵されていたことから「秘閣粘葉本(ひかくでっちょうぼん)」の通称で知られています。  「秘閣」とは紅葉山文庫の別称。また「粘葉」とは和本の綴じ方のひとつを指します。



頼政記

『頼政記』
 平家打倒を掲げて挙兵した源頼政(みなもとのよりまさ)に関する記事をまとめた写本で、『平家物語』の異本のひとつに数えられています。  物語によれば、頼政は紫宸殿(ししんでん)に現れた謎の怪鳥「鵺(ぬえ)」を弓で射落として退治し、近衛天皇(このえてんのう)から褒美に「獅子王(ししおう)」という太刀を下賜されたといいます。和学講談所旧蔵。



源平盛衰記

『源平盛衰記』
 『平家物語』の異本のひとつ『源平盛衰記』のうち、宝永4年(1707)に横型絵入り本として出版されたもので、内務省の旧蔵書。挿絵は、平忠盛(たいらのただもり)(清盛の父)に、池から現れた大蛇が襲い掛かろうとしている場面です。





国立公文書館つくば分館夏の企画展「和歌の世界−親子で楽しむ百人一首のなぞ−」

国立公文書館つくば分館夏の企画展「和歌の世界−親子で楽しむ百人一首のなぞ−」


ご案内

 国立公文書館つくば分館では、夏休みの期間に合わせ、夏の企画展を開催します。 今回のテーマは「和歌の世界−親子で楽しむ百人一首のなぞ−」。現代ではお正月のかるた大会でお馴染みの小倉百人一首ですが、お正月の風物詩になった理由は判明していません。また、その成立事情や選ばれた和歌にも様々な謎があります。 本企画展では、このような百人一首の“不思議”に迫る展示を行います。 この他、期間中、和綴じによるメモ帳作りが体験できます(人数限定:無料)。皆様のご来館をお待ちしております。

過去の展示会

「春・秋の特別展」 「企画展」 「館外展示及び他機関と連携した取組」


春・秋の特別展

企画展

館外展示及び他機関と連携した取組

上へ

国立公文書館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話:03-3214-0621(代表)

Copyright©2007 NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN. All Rights Reserved.