展示会情報

 「平成30年度国立公文書館 展示計画」

開催中の展示会

平成30年秋の特別展 明治150年記念「躍動する明治−近代日本の幕開け−」

平成30年秋の特別展 明治150年記念「躍動する明治−近代日本の幕開け−」

【展示会】 【関連イベント】記念講演会
【関連イベント】体験型イベント「明治からの手紙」
展示内容に関する謎解きゲームを実施します。 【関連イベント】展示解説会
企画担当者が、展示の見どころを解説します。 【関連イベント】プロジェクションマッピング
映像と音楽による演出を行います。

概要

 平成30年(2018)は、明治元年(1868)から数えて満150年の年にあたります。明治前半期の日本は、欧米諸国の制度の導入による近代化、不平等条約の改正や大日本帝国憲法の制定など、政治・外交制度が大きく変わるとともに、様々な文化が花開く躍動感にあふれた時代でした。 本展では、歴史の教科書や年表で目にする出来事を中心に、日本近代史の原点ともいえる資料を展示し、明治日本の歩みを振り返ります。

主な展示資料

藩ヲ廃シ県ヲ置ク

第I部 明治維新と新たな国づくり
藩ヲ廃シ県ヲ置ク

 明治4年(1871)7月14日、廃藩置県の詔が発表されました。 知藩事(江戸時代に藩を治めていた藩主など)は罷免され、政府が任命する府知事・県知事(のち県令)が各府県の行政を行うこととなりました。 藩は全て府・県となり、日本全国で、3府302県となりました。
 画像は、廃藩置県の詔を収録した文書です。




大日本帝国憲法

第U部 立憲政治への道のり
大日本帝国憲法

 明治22年(1889)2月11日、大日本帝国憲法が発布されました。同憲法のもとでは、天皇が国の元首として位置付けられ、法律の範囲内で、国民に居住の移転・言論の自由などが認められました。 また、帝国議会が設けられ、司法権が行政権から独立したことにより、三権分立が定められました。
 画像は、大日本帝国憲法の公布原本です。




新橋横浜間鉄道之図

第V部 近代文化の形成
新橋横浜間鉄道之図(重要文化財)

 明治5年(1872)9月12日、明治天皇御臨席のもと、新橋・横浜両停車場で鉄道開業式が行われました。同駅間は当時29キロメートル、所要時間はノンストップで53分でした。
 画像は、開業当時に描かれたとされる図面です。
 ※9/22〜10/5限定で原本を展示





過去の展示会

「春・秋の特別展」 「企画展」 「館外展示及び他機関と連携した取組」


春・秋の特別展

企画展

館外展示及び他機関と連携した取組

上へ

国立公文書館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話:03-3214-0621(代表)

Copyright©2007 NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN. All Rights Reserved.