展示会情報

開催中の展示会

平成28年度 第4回企画展 「漂流ものがたり」

平成28年度 第4回企画展 「漂流ものがたり」

【展示会】 【関連イベント】ギャラリー・トーク

概要

四方を海で囲まれた日本に暮らす人びとは、中国、ベトナム、ロシア、アメリカ、さらには無人島と、数多くの漂流・漂着を体験してきました。一方、その逆もしかり。島国日本には異国から多くの船や人が流れ着きました。 本展示では、アジアや欧米へ漂流した日本人の体験や、日本に漂着した異国人への幕府の対応、現地の人々とのふれあいの記録などを、当館所蔵資料からご紹介いたします。

主な展示

ほくさぶんりゃく

北槎聞略(ほくさぶんりゃく)
 天明2年(1782)、江戸への航海中に遭難、漂流の後ロシアに渡り、寛政4年(1792)に帰国した伊勢国白子の神昌丸の船頭大黒屋光太夫等の体験を、蘭学者で幕府奥医師の桂川甫周(かつらがわほしゅう)が幕府の命を受けて聴取したロシアの地誌・見聞録です。 ロシアの政治・経済・社会・物産・文字・言語などが詳細に記録されているほか、器物の写生図、地図の模写も含まれています。寛政6年(1794)8月に完成し、幕府へ献上されました。平成5年(1993)、重要文化財に指定されました。



かんかいいぶん

「環海異聞」(かんかいいぶん)
 寛政5年(1793)11月に陸奥国石巻を出航した若宮丸は、翌年アリューシャン列島の島に漂着。津太夫ら乗組員たちは、ロシアに8年滞留したのち、レザノフに伴われて、世界周航をめざす船に乗り込み、マゼラン海峡、ハワイ、カムチャッカを経て長崎へ帰国しました。  本書は津太夫ら帰国者の見聞を、蘭学者の大槻茂質(しげかた、玄沢)が聞き取り、まとめた書です。ロシアの社会や風俗等を絵入りで紹介するほか、長崎における日露間のやりとりについても記しています。



ひろかたずいひつ

「弘賢随筆」(ひろかたずいひつ)
 幕臣で能書家、故実家、蔵書家の屋代弘賢(やしろひろかた、1758〜1841)の手もとにあった雑稿を取りまとめて、編綴したものです。  その大部分は毎月15日、弘賢の知友が会合して、持ち寄りの文章を披露し合った、三五会の会員たちの草稿からなっています。今回展示するのは第55冊目に所収の「うつろ舟の蛮女」。  享和3年(1803)2月22日、常陸国の沖を漂流していた奇妙な船と、船中にいた異国女性の絵が描かれています。



じゅんかいろく

巡海録(じゅんかいろく)
 宝暦3年(1753)12月10日、八丈島の南岸大賀郷(現在の八丈町大賀郷)に唐船が漂着しました。八丈島側は島役人が対応し、船主2名を上陸させました。言葉が通じないため、筆談で会話しました、船主2名は高山輝、程剣南と名乗り、信牌(しんぱい、長崎への入港許可証)を役人へ提示しました。その後彼らは下田を経由して長崎へ送還されました。  「巡海録」は当時下田代官所書記役を勤めていた関修齢(せきしゅうれい)が記した唐船漂流の見聞録です。本書には唐船の漂着から長崎への送還までの経緯や、漂流した清国商人、漂流船が描かれています。



開催予定の展示会

福岡共同公文書館平成28年度特別展 国立公文書館所蔵資料展 公文書で再発見! 近代日本と福岡のあゆみ

福岡共同公文書館平成28年度特別展 国立公文書館所蔵資料展 公文書で再発見! 近代日本と福岡のあゆみ

【展示会】 【関連イベント】

※ 会場は、国立公文書館ではありませんので、ご注意ください。


展示解説会 【事前申込み不要】 講演会【事前申込み必要・先着順】

概要

国立公文書館では、所蔵資料をより多くの方々にご覧いただくため、平成24年度より、各地の公文書館等で展示会を開催しています。
平成28年度は、福岡共同公文書館において所蔵資料展を開催します。
「大日本帝国憲法」、「終戦の詔書」、「日本国憲法」(以上は、複製による展示となります。)や「民撰議院設立建白書」、「国民所得倍増計画」など教科書でおなじみの資料のほか、福岡県内8都市の空襲被害の状況を伝える「戦災概況図」や「昭和の大合併」に関する文書など、明治から昭和戦後期までの日本と福岡の歴史を物語る貴重な資料を、福岡共同公文書館所蔵資料とともに、ご覧ください。

主な展示

明治7年(1874)、板垣退助、江藤新平、副島種臣らによって提出された「民撰議院設立建白書」

民撰議院設立建白書


官営八幡製鉄所設置の根拠となる「製鉄所官制」が明治29年(1896)に制定された際の閣議書

閣議書


昭和20年(1945)に作成された「全国主要都市戦災概況図(福岡)」

全国主要都市戦災概況図(福岡)

※全国主要都市戦災概況図は、門司、小倉、八幡、戸畑、若松、久留米、大牟田のものも展示いたします(期間中展示替えがあります。)。


全国主要都市戦災概況図展示予定

昭和35年(1960)、実質国民総生産を10年以内に2倍にすることを目標とする「国民所得倍増計画」が閣議決定された際の閣議書

閣議書


過去の展示会

「春・秋の特別展」 「企画展」 「館外展示及び他機関と連携した取組」


春・秋の特別展

企画展

館外展示及び他機関と連携した取組

上へ

国立公文書館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話:03-3214-0621(代表)

Copyright©2007 NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN. All Rights Reserved.