画像1
画像4
画像3
画像5

明治150年

公文書館ニュース

RSS Twitterはこちら facebookはこちら youtubeはこちら

更新情報

展示会のご案内

開催予定の展示会

 「平成30年度国立公文書館 展示計画」

平成30年春の特別展 江戸幕府、最後の闘い−幕末の「文武」改革―

平成30年春の特別展 江戸幕府、最後の闘い−幕末の「文武」改革―

【概要】
 平成30年(2018)は明治元年(1868)から満150年を迎える年に当たります。春の特別展では明治前夜、幕末期の江戸幕府に焦点を当て、当館所蔵の江戸幕府公文書である「多門櫓文書(たもんやぐらもんじょ)」を中心に、幕末期の江戸幕府の「文武」改革について取り上げます。こうした改革が可能になった背景や、維新後に新政府で活躍する幕臣たちのその後も合わせて展示し、明治の近代国家建設の端緒を江戸幕府の側からご紹介いたします。

詳細はこちら



国立公文書館つくば分館企画展「花さんぽ −古書にみる江戸の花」

国立公文書館つくば分館企画展「花さんぽ −古書にみる江戸の花」

【概要】
 国立公文書館つくば分館では、科学技術週間に伴い、平成30年4月9日(月)〜4月21日(土)まで、企画展を開催します。(4月14日(土)、15日(日)は休館)
 本展示では、植物図譜を中心に、園芸書、名所図会なども取り上げ、江戸時代の人々の植物へのまなざしをご紹介いたします。

詳細はこちら



デジタル展示

徳川家康
将軍家蔵書からみるその生涯

徳川家康