第33号
arc33
表紙
カラーグラビア

目次

Ⅰ 公文書管理の法制化にむけて

国家行政におけるアーカイブズの役割と責任
イアン・ウィルソン
01

アーカイブズと記録の法制化に期待
サラ・チョイ
07

文書管理法の制定と情報管理体制の整備に向けて
岡本哲和
11

今後の行政文書の管理の在り方への提言
村岡正司
16

韓国の公共機関記録管理法全面改正と主な内容
金 慶南
20

韓国公共記録物管理法の概要について
梅原康嗣
26

Ⅱ EASTICA2008・韓国新館の紹介

大韓民国国家記録院Nara記録館開館記念国際学術会議及び 国際公文書館東アジア地域支部(EASTICA)セミナー等の概要
中島康比古
38

国立公文書館におけるオンラインサービスの展望(カントリーレポート)
44

大韓民国国家記録院Nara記録館見学記
中島康比古
50

Ⅲ 有識者会議中間報告

「時を貫く記録としての公文書管理の在り方」~今、国家事業として取り組む~
59

Ⅳ 公文書館をめぐる国・地方の動き

国会質疑
70

九州大学大学文書館の紹介
折田悦郎
73

開館二十年を迎えた千葉県文書館の近況
飯島 渉
76

歴史的資料を残す磐田市歴史文書館の開館
佐藤喜好
79