利用請求


利用請求の方法


  • 特定歴史公文書等の利用請求をされる方は、「特定歴史公文書等利用請求書」(PDF)を館に提出してください(郵送による提出も可能です)。
  • デジタルアーカイブ等で利用したい特定歴史公文書等の目録情報を検索し、検索結果から特定歴史公文書等の請求番号および名称が記載された「特定歴史公文書等利用請求書」をプリントすることもできます。
  • 利用請求の当日中に閲覧を希望する場合は、当該特定歴史公文書等を所蔵する東京本館またはつくば分館の閲覧室受付に、午後4時30分までに、「特定歴史公文書等利用請求書」を提出してください。
  • 利用請求された特定歴史公文書等について、利用の可否について審査し、利用請求をした方に、「特定歴史公文書等利用決定通知書」をお渡しするか郵送します。その際、「特定歴史公文書等利用方法申出書」の記入用紙もお渡しします。
  • デジタルアーカイブおよび目録において公開状況が「公開」または「部分公開」となっている特定歴史公文書等については、原則として、「特定歴史公文書等利用請求書」を提出された当日に利用することが可能です。公開状況が「要審査」または「非公開」となっている特定歴史公文書等については、利用するまでに日数がかかります。
  • 特定歴史公文書等利用請求書」による利用は、閲覧または写しの交付の方法によります。利用方法の指定は、「特定歴史公文書等利用請求書」の提出時に請求書に記載するか、館から「特定歴史公文書等利用決定通知書」をお渡ししたあとに、「特定歴史公文書等利用方法申出書」を提出するか、いずれかの方法があります。
  • 破損・汚損等のおそれがある特定歴史公文書等については、原本の利用を制限することがあります。

    特定歴史公文書等利用請求書(PDF)

利用請求の流れ


利用請求の流れ