館長挨拶

館長写真

 このたびは、独立行政法人 国立公文書館のホームページにアクセスしていただき有難うございます。
 当館は、国の各機関から受け入れた歴史資料として重要な公文書等を将来にわたり確実に保存し、これらを閲覧・展示などを通じ広く国民の利用に供することを主な任務としています。
 その発足は、総理府(現内閣府)の附属機関として設置された昭和46年7月にさかのぼりますが、その後、平成13年4月に国の行政改革の一環として独立行政法人へと改組され、新たな出発をいたしました。
 独立行政法人化により、当館は、自主性、自立性を発揮しながら効率的かつ柔軟な業務運営に当たり、国民の皆様に対しより質の高いサービスを保障することを大きな使命として掲げました。このホームページも、その具体化の一つとして、使いやすくわかりやすい形で皆様と当館とを結ぶことを心がけております。

 平成17年度からはこのホームページを通じて、当館が所蔵している歴史公文書等の目録データや重要文化財を含む資料の一部を高精細な画像でご覧いただくことができるようにしました。このデジタルアーカイブの運用の開始により、国民共有のかけがえのない知的資源である歴史公文書等を「いつでも、どこでも、誰もが、自由に、しかも、無料で」ご利用いただけることとなりましたので、是非、気軽にアクセスしていただきたいと思います。
 また、当館に設置されている「アジア歴史資料センター」は、国の機関が保管する近現代の日本とアジア近隣諸国などとの関係に関する様々な資料をデータベース化し、インターネットを通じて情報提供を行っています。その規模も、内容も世界に類例のないデジタルアーカイブとして、国内外からの高い評価を得ております。こちらも併せてご利用いただきたいと思います。
 国立公文書館の活動とこのホームページ自体についてご意見ご要望等がありましたら、当サイトを通じお寄せいただきますようお願いいたします。

 独立行政法人 国立公文書館長 加藤 丈夫