展示会情報

〇令和4年度国立公文書館東京本館 下半期の展示会予定



当館展示室の御案内


常設展示室リンク




開催中の展示会


国立公文書館つくば分館 令和4年度 夏の企画展「なぞとき公文書館−紙と文字からきこえる本の声−」

国立公文書館つくば分館 令和4年度 夏の企画展「なぞとき公文書館−紙と文字からきこえる本の声−」

【展示会】

概要

――耳を傾ければきっと聞こえてくる、紙と文字からきこえる本の声。
 世界には1冊として全く同じ本は存在しません。なぜなら同じ題名や内容を持っていたとしても、印刷した時期や持ち主が異なっていれば、それぞれ違う来歴を持っていることになるからです。 本の形や紙の素材、筆跡や蔵書印、果ては書き込みや虫食いなど、本に残された様々な手がかりに注目することで、本だけでなく歴史や文学の来た道を辿ることができるかもしれません。本展では、本の形態や素材に着目する「書誌学」の手法を使って、当館が誇るコレクションである内閣文庫の古典籍・古文書の中の様々な知識を教えてくれる本たちを、謎解きしながらご紹介します。



主な展示


金吹方之図(かね ふきかたのず)

金吹方之図(かね ふきかたのず)
 金貨の製造工程を描いた絵巻物で、文政9年(1826)頃の写しです。絵が製造工程の順序通りに描かれておらず、添付された「訳書」と照合して初めてその順序が判明する仕組みになっています。 機密保持のため意図的に順序を入れ替え混乱させている可能性があります。




古今著聞集(ここん ちょもんじゅう)

古今著聞集(ここん ちょもんじゅう)
 元禄3年(1690)初版の『古今著聞集』を明和7年に再版したものです。見返しに貼り紙が残っており、「又貸し禁止」「紛失の場合は弁償」といった注意書きがあることから、貸本屋の蔵書であったと推測されます。 また、元薩摩藩士で東京国立博物館の初代館長となる町田久成の蔵書印があることから、貸本屋から町田の手に渡ったと推測されます。




三十六人歌合(さんじゅうろくにん うたあわせ)

三十六人歌合(さんじゅうろくにん うたあわせ)
三十六人の歌人の和歌を左右に配置して歌合の形式にしたもので、文禄3年(1594)の写しです。 本文は戦国時代末期に関白・太政大臣を務めた近衛前久の筆、表紙の見返しに描かれた龍や虎は、狩野探幽が描いたと伝えられており、とても豪華なつくりとなっています。




開催予定の展示会

令和4年度 第2回企画展 「鉄道開業150年 広がる、広げる−公文書で描く鉄道と人々のあゆみ−」

令和4年度 第2回企画展 「鉄道開業150年 広がる、広げる−公文書で描く鉄道と人々のあゆみ−」

【展示会】


概要

 明治5年(1872)、新橋〜横浜間に日本で最初の鉄道が開業してから、今年で150年を迎えます。 明治10年代には私鉄も登場し、以後、官設・私設の鉄道が続々と開業しました。 本展では、明治から昭和初期までの時代を中心に、国内各地へ鉄道網が広がり、 それに伴って、人々が交わる範囲も広がっていく様子をご紹介します。 また、当館には、計画されながら実現に至らなかった鉄道に関する資料も残されています。 本展では、こうした各地の「幻の鉄道」に関する公文書もご紹介します。



主な展示資料


鉄道略則改正並(ならびに)犯罪罰則伺

鉄道略則改正並(ならびに)犯罪罰則伺
 「鉄道略則」は、鉄道の営業にあたって必要な運送条件などの事項を定めた規則です。 明治5年、鉄道開業に先だって公布されました。 第1条では、旅客は乗車前に「賃金」を払って、「手形」(乗車券)を受け取ることが定められています。




免許状及命令書返納ノ件

免許状及命令書返納ノ件
 鉄道事業を行う場合には、免許が必要でした。 画像は、富山県の新湊(しんみなと)軽便(けいべん)鉄道から返納された免許状です。 免許状は、事業者に交付されるものですが、新湊軽便鉄道は開業に至らず、免許状を返納したため、決裁文書とともに綴じられています。




成田参詣記

成田参詣記
 江戸時代の安政5年(1858)に刊行された地誌。画像の「酒々井(しすい)駅の図」に描かれているのは、宿場の風景です。 酒々井に鉄道の「駅」ができるのは、成田鉄道の酒々井駅(現在のJR酒々井駅)が開業した明治30年のこと。 宿場からは少し離れた位置に設置されました。 成田鉄道の開通は、東京から成田山(新勝寺)への日帰り参詣を可能にしました。





過去の展示会

「春・秋の特別展」 「企画展」 「館外展示及び他機関と連携した取組」


春・秋の特別展

企画展

館外展示及び他機関と連携した取組