展示会情報

 「令和元年度国立公文書館 展示計画」


開催中の展示会

令和元年度 第3回企画展「初づくし−初にまつわる江戸時代の行事・風習−」

「初づくし−初にまつわる江戸時代の行事・風習−」チラシ

【展示会】 【関連イベント】ギャラリー・トーク

概要

 お正月の初詣や書き初め、また、お食い初めや初午(はつうま)など、日本人の生活には「初」にまつわる行事・風習が多く存在しています。これらに加えて、江戸時代には謡初(うたいぞめ)などの幕府・朝廷の行事をはじめとして、現代には見られない行事・風習も行われていました。新元号になって「初」の年明けを迎えて開催する本展では、江戸時代の「初」にまつわる資料をご紹介します。

主な展示資料

諸国図会年中行事大成

諸国図会年中行事大成(しょこくずえねんじゅうぎょうじたいせい)
 京都を中心に全国の神社の神事や祭祀、寺院の法会や開帳さらには年中行事について、図を交えて解説した書です。画像は「元三市街之図(がんざんいちまちのず)」。画像では、門松が飾られた家に新年の挨拶に訪れる人や、羽子板に興じる女性や子どもたちが描かれています。文化3年(1806)年刊行。



都林泉名勝図会

都林泉名勝図会(みやこりんせんめいしょうずえ)
 京都の名所や名園などを、図を交えて解説した案内記です。画像は伏見稲荷社の初午詣を描いたもの。多くの参詣者でにぎわっている様子がうかがえます。初午とは二月最初の午の日のことで、この日、各地の稲荷社で祭礼が行われました。寛政11年(1799)刊行。



御実紀

御実紀(ごじっき)
 通称「徳川実紀」と呼ばれる幕府の正史です。画像は、元和8年(1622)徳川家光の「鎧着初(よろいきぞめ)」(具足始)の場面。鎧着初とは、武士の男子が初めて鎧を身につける儀式です。この時、家光に鎧を着させたのは、豊臣秀吉の家臣で、柴田勝家との戦である賤ヶ岳の戦いで戦功をあげ「賤ヶ岳七本槍」の一人に数えられた加藤嘉明です。資料は紅葉山文庫旧蔵。


開催予定の展示会

国立公文書館所蔵資料展 徳川家康と房総

国立公文書館所蔵資料展 徳川家康と房総チラシ

【展示会】

概要

 国立公文書館では、所蔵資料をより多くの方々にご覧いただくため、平成24年度より、各地の公文書館等で展示会を開催しています。
 このたび、千葉県文書館との共催で、所蔵資料展を開催します。
 本展では、当館が所蔵する江戸幕府から引き継いだ蔵書や資料等と、千葉県文書館が所蔵する徳川家康関係の資料などを展示し、徳川家康の生涯と房総との関わりをご紹介します。

主な展示資料

御実紀

御実紀(ごじっき)
 通称「徳川実紀」とよばれ、林述斎(じゅっさい)らにより編纂され、天保14年(1843)に完成した幕府の正史です。初代家康から十代家治に至る歴代将軍ごとの治績を編年体で記し、逸話については、付録としてまとめたものです。 慶長18年(1613)12月6日条には、家康が翌年正月に上総東金(現在の千葉県東金市)辺りで鷹狩りを行いたいとの意向を示したことが記されており、実際に東金に訪れ、鷹狩りを行っています。全485冊、紅葉山文庫旧蔵。【国立公文書館所蔵】



寛政重修諸家譜

寛政重修諸家譜(かんせいちょうしゅうしょかふ)
 幕府によって編纂された大名・旗本の家譜集です。寛政11年(1799)に若年寄堀田正敦(まさあつ)を編集総裁とし、寛永年間に成立した家譜集である「寛永諸家系図伝」を全面的に改訂し、新たに諸家から完成10年までの系図等を提出させ、 およそ14年の歳月を費やし、文化9年(1812)に完成しました。画像は徳川四天王の一人で、大多喜藩初代藩主の本多忠勝の箇所。全1530冊、紅葉山文庫旧蔵。【国立公文書館所蔵】



徳川家康朱印状

徳川家康朱印状(本寿寺宛て寺領寄進)
 家康は豊臣秀吉により、天正18年(1590)7月、関東への移封を命じられます。資料はその1年余り後の天正19年11月、土気(とけ)(現千葉市)の日蓮宗寺院・本寿寺に出された寺領を寄進する旨を記した朱印状で、家康の「福徳」の丸印が押されたものです。 江戸幕府が開かれた後も、本寿寺には歴代将軍から寺領安堵の朱印状が与えられています。【千葉県文書館所蔵】


過去の展示会

「春・秋の特別展」 「企画展」 「館外展示及び他機関と連携した取組」


春・秋の特別展

企画展

館外展示及び他機関と連携した取組

上へ

国立公文書館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話:03-3214-0621(代表)

Copyright©2007 NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN. All Rights Reserved.