展示会情報

開催中の展示会

平成29年度 第2回企画展 「ふしぎなふしぎな百人一首」

平成29年度 第2回企画展 「ふしぎなふしぎな百人一首」

【展示会】 【関連イベント】ギャラリー・トーク
【関連イベント】期間限定展示 【関連イベント】夏休み企画2017

概要

現代ではお正月のかるた大会でお馴染みの小倉百人一首。しかし何故お正月の風物詩になったのかはっきりした理由はわかっていません。ほかにも成立事情や選ばれた和歌にも様々な謎がたくさん。今年の夏の企画展は、そんな百人一首の“ふしぎ”に迫ります。 この夏は親子で百人一首の魅力を再発見してみませんか?

主な展示

小倉山庄色紙倭歌

『小倉山庄色紙倭歌』
 狂歌作者として知られる信海(1626〜1688)の自筆と考えられる小倉百人一首の巻子本。金泥の下絵、霞、胡粉と雲母を用いた布目模様の料紙など、豪華な装丁で作られています。



武家百人一首

『武家百人一首』
 異種百人一首(小倉百人一首の影響を受けて後世に新しく作りかえられた百人一首のこと)のひとつで、古今の武将の和歌のみを集めて作られたもの。



小倉山百人一首

『小倉山百人一首』
 江戸時代前期の人形芝居である古浄瑠璃の正本(台本)。藤原定家(1162〜1241)と式子内親王(1149〜1201)の秘密の恋を合戦譚や霊験譚を織り交ぜて描いたもの。




国立公文書館つくば分館夏の企画展「おもしろ地獄−地獄はたのしい?−」

つくば分館夏の企画展「おもしろ地獄−地獄はたのしい?−」


ご案内

 国立公文書館つくば分館では、夏休みの期間に合わせ、夏の企画展を開催します。
 今回のテーマは「おもしろ地獄−地獄はたのしい?−」。古代インドを起源とする「地獄」は、仏教や道教と共に日本へ伝来して以降、土着の信仰などと混ざり合い、独特のイメージを形成しました。 本展では主に平安時代から室町時代にかけて成立した様々な古典籍から、古来、日本人が描いてきた「地獄」のイメージとその死生観についてご紹介します。この他、期間中、和綴じによるメモ帳作りが体験できます(人数限定:無料)。皆様のご来館をお待ちしております。

過去の展示会

「春・秋の特別展」 「企画展」 「館外展示及び他機関と連携した取組」


春・秋の特別展

企画展

館外展示及び他機関と連携した取組

上へ

国立公文書館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話:03-3214-0621(代表)

Copyright©2007 NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN. All Rights Reserved.