著作権・免責事項

(1)著作権について

「国立公文書館ホームページ」に掲載されている個々の情報は著作権の対象となっています。また、「国立公文書館ホームページ」全体も編集著作物として、著作権の対象となっています。著作権は日本国著作権法及び国際条約により保護されています。 当ホームページの内容の全部又は一部については、適宜の方法により出所を明示することで、引用、転載、複製を行うことができます。ただし、本文の内容が変わるような引用、転載、複製はお断りします。

(2)免責事項について

当ホームページに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、国立公文書館は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。国立公文書館ホームページの保守、火災・停電その他の自然災害・ウィルスや第三者の妨害等行為による不可抗力によって、当ホームページによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害につき、国立公文書館としては責任を負いかねますのでご了承下さい。