認証アーキビストについて

認証アーキビストとは

 アーキビスト(Archivist)とは、公文書館をはじめとするアーカイブズ(Archives)において働く専門職員を言います。

 アーキビストは、組織において日々作成される膨大な記録の中から、世代を超えて永続的な価値を有する記録を評価選別し、将来にわたっての利用を保証するという極めて重要な役割を担います。アーキビストが存在しない組織では、 その時々の担当者の考えや不十分な管理体制によって、本来は残されるべき記録が廃棄されるなど、後世に伝えられるべき重要な記録、さらにその記録をもとに記されるはずの歴史が喪われてしまう恐れがあります。

 このような重要な役割を担うアーキビストには、高い倫理観とともに、評価選別や保存、さらには時の経過を考慮した記録の利用に関する専門的知識や技能、様々な課題を解決していくための高い調査研究能力、豊富な実務経験が求められます。

 独立行政法人国立公文書館では、長年、アーキビストの養成や資格化について検討を進め、平成10年からはアーキビスト養成を目的とする長期研修の公文書館専門職員養成課程(現アーカイブズ研修Ⅲ)を開催するなど、その養成に関する取組を進めてきました。

 令和2年度から、公文書等の管理に関する法律の5年後見直しを契機として、改めてアーキビストの資格化の検討を進め、国民共有の知的資源である公文書等の適正な管理を支え、かつ永続的な保存と利用を確かなものとする専門職を確立するとともに、その信頼性及び専門性を確保するため、アーキビストとしての専門性を有すると認められる者を国立公文書館長が認証することとしました。

 令和2年度の審査においては190名の認証アーキビストが誕生し、各地の公文書館等において活躍しています。

認証アーキビスト名簿

認証アーキビスト名簿(令和3年4月1日現在) pdfファイル

※名簿の全部または一部を無断で転載、複製、譲渡、販売および営業目的などで使用することを禁止します。ホームページ等に名簿の掲載を希望する場合には、事前にアーキビスト認証担当までご連絡ください。(刊行誌等に掲載を希望する場合は、事前に掲載希望範囲と頒布先等を担当までご相談ください。)


【認証アーキビストの方々へ】

 所属名・現住所等に変更がある場合は、アーキビスト認証担当まで随時ご連絡下さい。なお、名簿の情報更新時期は検討中です。


◇申請者・認証者数
 過去に行われた申請者・認証者のデータは以下の通りです。

   
実施回 年度 申請者数(人) 合格者数(人) 認証者数(人)
第1回 令和2年度 248 190 190
合計 248 190 190

認証の仕組み

 認証を受けようとする者は、申請書類を国立公文書館長へ提出します。国立公文書館長は、申請者が提出した書類を基に、館に設置するアーキビスト認証委員会に審査を依頼します。同委員会は申請者が「アーキビストの職務基準書」(平成 30 年 12 月)に示されたアーキビストとしての専門性を有するか、申請書類により審査を行います。国立公文書館長はその結果に基づき、アーキビストとしての専門性を有すると認められ、登録料を納入した者に対し、以下の名称を付与し、認証状を授与します。

  和文表記:認証アーキビスト
  英文表記:Archivist Certified by the National Archives of Japan


  認証の仕組み

※ アーキビスト認証委員会の議事の記録、委員の構成等については「アーキビスト認証委員会」をご覧ください。

有効期間

 認証の有効期間は、認証状交付の日から起算して5年です。
 社会規範の変容や情報技術の進展等を踏まえ、認証アーキビストに求められる知識・技能等が時代に即して更新されていることを確認するため、更新制度を設けます。
※ 更新制度の詳細は、今後、更新方法にてお知らせします。

ページの先頭へ