平成23年度における被災公文書等修復支援事業の実施について


 独立行政法人国立公文書館(以下「館」という。)は、東日本大震災により被災した岩手県及び宮城県下の各市町(岩手県:陸前高田市・山田町、宮城県:気仙沼市・仙台市・石巻市(女川町分も含んで実施))において、内閣府から被災公文書等修復支援事業費補助金を受けて、下記のとおり被災公文書等修復支援事業を実施しました。
 本事業は、被災自治体からの要請に基づき、実際に被災した公文書等の修復作業を通じた研修を行うものであり、同事業によって、現地において被災公文書等の修復に当たる人材を育成することにより、各自治体における被災公文書等の早急な修復を支援するものです。



1. 実施期間
 (1)陸前高田市 平成24年1月16日(月)〜3月 9日(金)(土、日、祝日を除く40日間)
 (2)気仙沼市 平成24年1月16日(月)〜3月 9日(金)(土、日、祝日を除く40日間)
 (3)仙台市 平成24年1月23日(月)〜3月 2日(金)(土、日、祝日を除く30日間)
 (4)石巻市(女川町分も含んで実施)
   平成24年2月 6日(月)〜3月30日(金)(土、日、祝日を除く39日間)
 (5)山田町 平成24年2月20日(月)〜3月30日(金)(土、日、祝日を除く29日間)

2. 場  所
 (1)陸前高田市 旧矢作小学校(岩手県陸前高田市矢作町字愛宕下11−1)
 (2)気仙沼市 唐桑幼稚園(宮城県気仙沼市唐桑町馬場183−1)
 (3)仙台市 仙台市博物館(宮城県仙台市青葉区川内26)、
   仙台市消防局若林消防署(仙台市若林区遠見塚2−25−20)
 (4)石巻市 旧市庁舎(宮城県石巻市日和が丘1−1−1)
 (5)山田町 旧さくら幼稚園(岩手県山田町飯岡第7地割1)

3. 事業内容
・館職員及び外部講師(東京文書救援隊)を派遣し、被災公文書等の洗浄、乾燥、搬出、整理等を通じた研修を実施。
・館は、修復研修生を公募し、市の推薦に基づき採用。
・初日は、修復研修生に修復に必要な技術を習得させるため、スキルトレーニングを実施。
・館は事業の遂行上必要となる教材を準備。
・修復作業においては、東京文書救援隊の考案した修復システムを活用。

4. 事業主体
  独立行政法人国立公文書館

5. 各事業の実施報告
 (1)陸前高田市における被災公文書等修復支援事業  (写真
 (2)気仙沼市における被災公文書等修復支援事業 (写真
 (3)仙台市における被災公文書等修復支援事業 (写真
 (4)石巻市における被災公文書等修復支援事業 (写真
 (5)山田町における被災公文書等修復支援事業 (写真

6. 実施結果
・修復研修修了者110名
・約1,200冊(約240,000枚)

7. 平成24年度の取組
  事業の実施場所、内容等について、今後、地方自治体と協議を進め、今夏以降に実施を予定。