広報誌『国立公文書館ニュース』14号を発行しました


国立公文書館の広報誌『国立公文書館ニュース』の14号を発行しました。
当館の所蔵資料や業務・施設の魅力、公文書管理や公文書館に係る制度の動向等について、分かりやすくコンパクトにお伝えします。

今回の特集は「記録を残し伝える仕事〜アーキビストを目指す時代がやってくる!〜」です。公文書館で働く専門家であるアーキビストに着目し、日本における現状や仕事の魅力などについてとりあげました。

本館とつくば分館にて冊子を無料配布するとともに、当館ホームページ上でオンライン版を公開しています。

http://www.archives.go.jp/naj_news/