国立公文書館研究紀要『北の丸』第45号の全文を掲載しました。




 『北の丸』では、当館が所蔵する資料をより多くの方に利用していただくことを目指し、当館が実施する各種調査・研究の成果を紹介しています。
 「書物方年代記C」は、徳川将軍家の蔵書(いわゆる紅葉山文庫)を管理する書物方の業務日誌をまとめたもので、第42号から引き続いて発表しています。
 「当館所蔵の「絵入り本」解題@」は、貴重な古写本の陰に隠れて手つかずの状態となっていた「絵入り本」(本文に挿絵や図版などが添えられた書籍)について、書誌情報や内容などを解説したものです。
 「当館所蔵漢籍の「宋版」及び「元版」の解題B」は、当館が所蔵する漢籍の解説で、第43号から発表しています。
 「内閣法制局移管文章について」は、当館で実施している「公文書館専門職員養成課程」の修了論文に加筆修正を加えたもので、内閣法制局から移管された「法令案審議録」を含む移管文書について、同局の機能及び文書管理等を踏まえて分析し、その構造及び特色を考察しています。
 「紙媒体記録等の保管環境に関する標準化動向」は、「伝統的」な紙などの物理的媒体による記録の管理や保存について、デジタルの分野で行っているような標準やガイドを策定しているオーストラリア、ニュージーランド及びイギリスの国立公文書館の取組を紹介したものです。

(平成25年3月14日)



 『北の丸』第45号(平成25年1月)へ
 http://www.archives.go.jp/about/publication/kita/045.html