紙媒体の歴史公文書等の保存方法について


平成23年3月
国立公文書館



 独立行政法人国立公文書館(以下「館」という。)では、紙媒体の歴史公文書等の保存について、マイクロフィルムにより代替物を作成する取組みを行ってきましたが、平成22年5月に、紙媒体の歴史公文書等の保存方法について、従来の取組みを踏まえつつ検討を実施し、将来的な方向性についての結論を得ることを目的として、歴史公文書等保存方法検討有識者会議(以下「会議」という。)を設置しました。

 平成22年7月から開催された会議では、マイクロフィルム化して保存することとデジタル化して電子的に保存することによる技術面、経費面におけるメリット・デメリットを検討するとともに、館におけるマイクロフィルム化の撮影等作業の視察や、国立国会図書館におけるデジタル化等の取組みに関するヒアリングの実施等、国内外の事例調査や結論を得るための議論や検討を行った上で、館に対する提言を『歴史公文書等保存方法検討報告書』として取りまとめました。

 会議での提言を受け、歴史公文書等の保存を目的とする代替物の在り方について、館では、代替物作成後も紙媒体の原資料を保存し続けるという基本方針を踏まえた上で、以下のような結論を得ました。

  1. 原資料の保存状態、内容、利用頻度等に応じて、代替物作成の方法・媒体を適切に使い分ける取組みを今後も継続していく。
  2. 紙媒体のスキャニングによるデジタル化を新たに採用する。
  3. 原資料の保存状況や利用頻度に応じて媒体を選択することとし、保存状態が比較的良好な場合は、デジタル化による代替物作成を基本とし、急速に劣化が進んでいるものや今後劣化が進行するおそれがあるものについては、マイクロフィルム化による代替物作成を基本とする。
  4. デジタル化により代替物を作成する際には、紙媒体の歴史公文書等の価値を維持するための技術、規格、仕様等に準拠する。また、仕様等の策定には国内外の先行事例や標準化等の取組みを参考に行う。
  5. マイクロフィルム化により代替物を作成する場合、スキャニングにより作成したデジタルデータを、マイクロフィルム及びデジタル媒体の両方で保存するCOM/COLDの採用についても、国際標準規格のISO11506を参照し、コスト及び保存の観点から比較の上、検討を行う。

歴史公文書等保存方法検討報告書



歴史公文書等保存方法検討有識者会議委員名簿


岡山 隆之(おかやま たかゆき) 東京農工大学大学院 教授
田中 邦麿(たなか くにまろ) 帝京平成大学 名誉教授
ISO/IEC JTC 1/SC23(情報交換用ディジタル記録媒体)委員会委員
楢林 幸一(ならばやし こういち) ISO/TC46/SC11(文書・記録管理)委員会委員
ISO/TC171(文書管理アプリケーション)委員会委員
長谷川 英重(はせがわ ひでしげ) OMGアンバセダ
グローバルシステムアーキテクト
ISO/TC171(文書管理アプリケーション)委員会委員
山口 雅浩(やまぐち まさひろ) 東京工業大学大学院 准教授
山田 洋(やまだ ひろし) 一橋大学大学院 教授

(敬称略)



歴史公文書等保存方法検討有識者会議


会議開催日程・議題概要

 第1回  平成22年7月16日(金)
   検討の背景・経緯、目的について
   館における現状及び取組状況について

 第2回  平成22年10月4日(月)
   国立国会図書館におけるデジタル化の取組状況発表
   事例調査進捗報告
   論点の検証及び目次素案の検討

 第3回  平成22年11月29日(月)
   報告書素案の検討