ICAソウル大会記念シンポジウム開催報告


 国際公文書館会議(International Council on Archives, ICA)ソウル大会の開催を記念し、ICA会長及び同事務総長を招聘したシンポジウムを平成28年9月11日(日)に、東京都千代田区一ツ橋の学術情報センター内の一橋講堂で開催しました。これからの日本のアーカイブズのあるべき姿を求めて、181名が参加しました。


第1部 記念講演

>>デービッド・リーチ ICA 事務総長
「情報化時代におけるICAの役割」
※講演要旨・本文: 日本語 [PDF347KB] / 英語 [PDF367KB]

>>デービッド・フリッカー ICA 会長
「デジタル情報の継続性−情報社会に対応するためのオーストラリア国立公文書館の改革」
※講演要旨・本文: 日本語[PDF311KB]  / 英語 [PDF318KB]

第2部 パネルディスカッション:「日本のアーカイブズへの期待」

>>モデレーター:加藤 丈夫 国立公文書館長
>>パ ネ リ ス ト:デービッド・フリッカー ICA 会長
デービッド・リーチ ICA 事務総長
井上 由里子 一橋大学大学院 教授
御厨 貴 青山学院大学 特任教授
※ 講演者・パネリストの略歴は、こちらをご参照ください。「ICAソウル大会記念シンポジウム」


  • 開会を前に

    開会を前に

  • 主催者加藤丈夫館長の開会挨拶

    主催者加藤丈夫館長の開会挨拶

  • デービッド・リーチICA事務総長の講演<

    デービッド・リーチICA事務総長の講演

  • 講演の様子

    講演の様子

  • デービッド・フリッカーICA会長の講演

    デービッド・フリッカーICA会長の講演

  • パネルディスカッションの様子

    パネルディスカッションの様子

  • パネリスト御厨貴教授

    パネリスト御厨貴教授

  • パネリスト井上由里子教授

    パネリスト井上由里子教授